チャンピックス 通販 個人輸入

タバコが体に与える影響

【タバコによる死亡危険度】

・咽頭がん・・・95.8%
・肺がん・・・・71.5%
・肝臓がん・・・64.8%
・肺気腫・・・・47.8%
・動脈瘤・・・・41.9%
・胃潰瘍・・・・39.2%

タバコに含まれる発がん物質

WHO(世界保健機関)で採択された「タバコ規制枠組み条約」で、タバコの包装面積の3割以上を使用し、健康被害を訴える警告表示をすることが求められてから、「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」「妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります」などの表示がされています。

 

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれています。
中でも有害な化学物質は200種類以上あり、発がん性があると解っているものだけでも60種類あります。
その中でもタバコの主成分である、「タール・ニコチン・一酸化炭素」は三大有害物質といわれています。

 

タールはフィルターに茶色く付着するいわゆる「ヤニ」で、粒子相の総称です。
タールは複合混合物であり、がんなどを促進する可能性がある物質を含んでいます。
フィルターと同様に肺をどす黒くさせ、その働きを低下させます。

 

ニコチンは体内の血管を細くし、心臓に負担をかけ、また悪玉コレステロールを取り込みやすくさせます
また、ニコチンにはとても強い中毒性があります。

 

一酸化炭素は、血液中で酸素が運ばれるのを阻害し、息切れなどの運動能力の低下や、動脈硬化を促進します。
一酸化炭素は植物が燃える際に発生する気体で、ヘモグロビンと結合すると酸素を運ぶ能力を低減させます。
紙巻タバコでは、タバコの葉が燃えるときに発生する一酸化炭素が、心臓疾患のリスクを高めることに関連があると考えられています。

 

発がん性物質は動物実験から肺の気道に対する毒性、肺がんリスク上昇も確認されています。
数多くの研究と症例対照研究で、タバコによって人の肺がんリスクが上がるという一致した結果が得られています。

喫煙の呼吸器に与える影響

喫煙は肺がんの原因であるだけでなく、気道や肺胞を障害することにより、肺気腫、気管支炎、慢性的な気道の閉塞の原因となります。
タバコの煙に含まれる様々な有害成分は主に呼吸を通じて体内に入ってきます。
体内に入った各物質は肺を通じて全身へと送られ、最初に肺や気管支に有害物質があたることにより様々な障害を呼吸器に対して与えることになるのです。

 

1日20本の喫煙で、肺の中にコップ1杯分のタールが溜まるといわれています。
多くの発癌物質を含むタールにまみれた肺に癌が多発するのも当然の結果ですし、喫煙者の肺は非喫煙者の肺と比べると、タールや炭粉の沈着で表面が真っ黒に汚れています。

 

肺は肺胞の集まりで構成されておりスポンジ様の臓器です。
タバコの煙の有害物質によってじわじわと肺胞構造が破壊され続けて肺が空洞化してしまいます。
このような肺では、肺胞での換気が十分に行えず、慢性的な酸素欠乏状態に陥り呼吸困難や呼吸不全の原因になります。

 

「肺気腫」患者のほとんどは20年以上の喫煙歴を持つヘビースモーカーとされているので、肺気腫の原因は喫煙と考えられています。
他にも喫煙者は「慢性気管支炎」にも罹りやすくなります。
気管や気管支が慢性的に炎症を起こし、粘り気の強い痰が喉の方に押し出されにくくなり、咳や痰が続く病気です。
これらを合わせて慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼んでいます。
COPDの主な症状である咳や痰は、禁煙するだけでもかなり改善することができます。

 

COPDとは?

 

慢性気管支炎」とは、たばこの煙の慢性的な刺激のために、気道に慢性の炎症が起こり、咳・痰が持続する病気です。
痰の量が多くなると気管支が塞がれ、そこにウイルスや細菌が感染して、さらに炎症が広がります。
進行すると気管支に空気が通らなくなり、その先の肺胞が壊れてしまいます。

 

「肺気腫」は、気管支の先にある「肺胞」が壊れる病気です。
肺胞が壊れると、息を吸ったり吐いたりする機能の効率が悪化し、体に必要な酸素を取り入れることが非常に困難となって息切れや咳、痰が多くなります。

 

いずれも原因は喫煙で、たいていの場合は慢性気管支炎と肺気腫の両方に罹っていることが多く、2つの病名を合わせ慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、その英語Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseを略した「COPD」という名称でよく使われています。

 

COPDは、喫煙が最大の原因であり、『禁煙』が一番の予防策です。
禁煙するだけでCOPDの症状がある程度改善することもあります。
そして、
・急性増悪を防ぐ『ワクチン接種』
・息切れを和らげ運動能力を高める『薬物療法』
・息苦しさを和らげる『理学療法』
・呼吸に関係する筋肉を鍛える『運動療法』
・体重減少を防ぐ『栄養管理』
・COPDが進行し低酸素血症になったときに導入する『在宅酸素療法』
等があります。
肺はいったん破壊されると元の健康的な肺に戻す治療法はありません。
このため、COPDは早い時期に治療を開始し、重症化させないことが大切です。

 

喫煙の自分と周囲への影響

喫煙をすると自分の体に大きな影響をもたらします。
愛煙家の人はリラックスなどを目的に喫煙しますが、肺がんなどの大きな病気の要因になったり、せきやたんなどの原因となることもあります。

 

ならば自己責任という名目で喫煙に対して世間も厳しい視線を送らないのですが・・

 

タバコから出る副流煙が周囲へ影響をあります。
副流煙の受動喫煙をすると様々な影響があり、他人が吸った煙の影響で健康被害をもたらすことがはっきりわかっているので、近年喫煙に対し厳しいルールになってきています。

 

特に妊婦や子供など抵抗力や免疫力が低い状態の人に関しては、副流煙を吸い込んではいけません。

 

そのように周りの人たちに与える影響も考慮して、昨今では、街中に喫煙所を設けたり、カフェや食事処でも分煙や禁煙を促す傾向が強くなっています。
他の人に迷惑をかけないようにするだけではなく、自らの体であっても何かあれば、周囲に迷惑がかかったり悲しい思いをさせることになりますので、注意が必要です。

致死率を高めるタバコ

加齢による血管の劣化が原因で私たちは年齢とともに病気になりやすくなります。
さらに、高血圧・高脂血症・肥満・糖尿病などの血管にさらなるダメージを与える持病があれば
さらに心筋梗塞や脳梗塞など死亡や重篤な病気にかかる確率が高くなります。
そこに、タバコという体に毒しかもたらさないものを喫煙することで
血管の劣化が増すことで致死率を高めることになります。

 

 

高血圧と喫煙のリスク

 

高血圧の方は24時間強い圧力が血管にかかっている状態が続いています。
これにより血管が酷使され、劣化していき動脈硬化を引き起こすことになります。

 

動脈硬化になると伸縮性のあった血管が固くなるため、限界を越した圧力が血管にかかると脳卒中や心筋梗塞をおこすということになります。
そんな状況の高血圧の方が喫煙をすると、喫煙をした瞬間血管は細く縮こまるという負荷がいっきにかかります。

 

これは、血管劣化という非常に大きいリスクです、タバコを一口吸う度に血管を自ら細くするのですから、致死率の高い病気を誘発しているようなものです。

 

高脂血症と喫煙のリスク

 

高脂血症の血液はいわゆるドロドロとした血液です。

 

ドロドロとした血液は血管壁にこびりつきやすく血栓の原因を作ります。

 

そして前ぶれもなく血栓が脳や心臓に飛び血管の投げれを止め脳梗塞や心筋梗塞を発症させてしまうのが高脂血症の最大のリスクです。
そんな高脂血症の方が喫煙するとただでさえもドロドロの血液がさらに血液の粘度を高めてしまい血流を低下させ、血栓を育てるリスクを高めてしまうのです。

 

糖尿病と喫煙のリスク

 

糖尿病を発症している人は、肥満・高血圧・高脂血症を発症している又予備軍である人が多いです。

 

糖尿病の人は、血圧の上昇・血糖値の上昇・コレステロールの上昇に非常に注意しながら生活をしていかなければならないのに、喫煙でもした時には自分で毒をもる行為に等しいと考えても良いでしょう。

 

喫煙一服で血圧の上昇・血糖値の上昇・コレステロールの上昇を自ら好んでしていると同じなのですから

 

がんと喫煙のリスク

 

タバコにはタールという発がん性物質が含まれていることは明確になっています。

 

いわゆるニコチンです。

 

よって、フィルターを通してタバコを吸うことで、発がん性物質を取り込まないようにしている喫煙者もいますが、 副流煙を吸うことで、結局は発がん性物質を吸っているのですから、どれほどの効果があるのは期待できません。

 

このタールは喫煙によって体に取り込まれるとさらに、免疫力を下げるのでもともと発がん性の物質な上に発がんの確率を上げることになります。
タバコと言えば肺がんの印象が強いですが、タバコの煙はまずは口と喉を通りますので口腔癌や喉頭がんリスクがあります。

 

さらに食道を通るので食道癌の可能性も高めます。
さらに、煙は胃で溶けるので胃がんのリスクも高めます。

 

脳卒中と喫煙のリスク

 

たばこの煙には、有害物質とされているものが200種類以上あり、その中には40〜60種類の発ガン物質が含まれていることが明らかになっています。
たばこを吸うときには、一酸化炭素も身体の中に入り込むことになります。
この一酸化炭素がヘモグロビンと結びつくことで、体内組織の酸素が欠乏しやすくなり、 動脈硬化が進行することで脳卒中や急性心筋梗塞などの、循環器疾患を発症すると考えられています。

 

このことからも、喫煙リスクは大きいことがわかります。
また、喫煙は家族や周囲の人たちの健康にも大きく影響するといわれています。
周囲がたばこの煙を吸うことで、呼気中の一酸化炭素濃度やニコチン濃度が高くなることもわかっています。

 

虚血性疾患と喫煙のリスク

 

喫煙は、様々な疾病の危険をもたらしてしまいます。

 

タバコを吸うことで、発がん性や、血管を傷つける原因となってしまいます。
血管が弱くなってしまうと、虚血性疾患のリスクが高くなってしまいます。
血管は、体の細部に至るまで、無数に張り巡らされています。
脳や、手や足の先まで、血管が通っています。太い血管だけではなく、細い血管も通っています。
細い血管に関しては、喫煙リスクによる影響受けやすくなります。
喫煙によって、老化した血管が破れてしまい虚血性疾患になってしまいます。

 

防ぐためには、禁煙することが一番のポイントとなります。
吸わないことでイライラを感じ、ストレスになってしまう場合があります。
ニコチンパッチやガムなどを利用し、禁煙を行うことがお勧めです。また、周囲の協力を得ることで、禁煙を成功させやすくなります。
疾病のリスクを減らし、健康な生活を送りましょう。

 

肥満と喫煙のリスク

 

肥満は高脂血症や高血圧の発症を高める要因になります。

 

肥満と診断された方の多くがコレステロール値が高いや血圧が高いなどの診断が出ているか高血圧症・高脂血症予備軍です。

 

その方が喫煙すると、予備軍が喫煙の影響により血管の劣化が加速していきます。
さらに、血液のドロドロが加速して高脂血症になってしまう可能性があるのです。

 

慢性気管支炎と喫煙のリスク

 

近年では健康志向が高まっており、喫煙を続けていた方であっても禁煙を行う方も増加しています。
タバコに関しては中には精神的な落ち着きを期待している方も多く、ストレスなどによって禁煙することが難しい状態の方もいます。
しかし、喫煙リスクというものがあり、代表的なものの中には慢性気管支炎にかかってしまうことがあり得ます。
この内容に関してはタバコのパッケージにも注意書きが施されているものとしても知られているのですが、喫煙リスクに関しては他にも肺に関する内容、喉に関する内容などもあり、健康維持を心掛けている方とってはあまり良いイメージの無いものとされています。
できるだけ禁煙を行うことが良い方法とされており、現在では病院治療も利用できる環境が整っています。

 

肺気腫と喫煙のリスク

 

喫煙には様々なリスクがあります。
動脈硬化の進行、ガン、呼吸器系疾患、胃潰瘍、歯周病、老化、肌荒れ、脱毛など、本当に様々です。

 

タバコを吸うことで肺がんのリスクが高まることは非常に有名ですが、タバコを吸い続けている人には、 肺気腫と呼ばれる病気にかかるリスクが非常に高いことも最近言われています。
肺気腫とは病理学的に呼ばれているもので、現在の総称は慢性閉塞性肺疾患とされており、肺がその働きをできなくなる病気です。
少し動いただけでも息切れしてしまったり、症状が進むと呼吸困難になったりしてしまうこともあります。

 

最大の原因は喫煙です。
ですから肺気腫は喫煙リスクが非常に高い病気のひとつです。現在、根本的な治療方法は存在しませんので、一度かかってしまうと治療は病気の進行を出来る限り防ぐこと、症状を和らげることが基本になります。

 

胃潰瘍と喫煙のリスク

 

喫煙は体に様々な悪影響を及ぼします。

 

タバコには60種類もの発癌物質が含まれており、喫煙者は寿命が短くなるといわれています。
また、麻薬にも劣らないほど依存性が高いことも特徴的です。内臓にも影響を与えることがわかっており、 タバコを吸う人は吸わない人と比べ3.4倍も胃潰瘍になる危険性があるといわれています。
これは、喫煙により血行不良を起こし胃の粘膜に対し十分な血液が補給されなくなります。
また、タバコの煙に含まれているニコチンが胃酸の分泌を過剰にさせることから自分の胃酸で胃を痛めてしまうという現象がおこります。 これにより胃潰瘍が起こるのです。

 

現在、健康志向の人達が増えていることから喫煙リスクに対しての意識も高まっています。
禁煙をすることが健康な体を手に入れる第一歩なのではないでしょうか。

 

十二指腸潰瘍と喫煙のリスク

 

喫煙は血流が悪くなり、胃腸の粘膜に十分な血液が行かなくなります。
タバコに含まれるニコチンは胃酸などを過剰に分泌させる働きがあるため、胃腸が傷つけられ十二指腸潰瘍などになる可能性があります。
喫煙リスクと十二指腸潰瘍は密接な関係です。
喫煙で胃腸の消化液の分泌が過剰なるうえ、一酸化炭素により血液中のヘモグロビンを酸素から奪い体内は酸欠になり、胃腸は自らの消化液で潰瘍を引き起こしてしまいます。
また、十二指腸潰瘍の原因として、ストレスもあります。

 

喫煙者は禁煙のストレスより喫煙の方がリスクは高いのです。
禁煙しない限り体内にかかるストレスは高くなり、喫煙リスクは潰瘍など症状を引き起こす原因にもなり、潰瘍の防止や再発防止には禁煙が改善する近道になります。

 

喫煙によるCOPDのリスク

 

ストレス社会とも言われている現代においては、その多くがストレスを解消する何らかの方法があります。
その解消法としては、運動やストレッチなど健康的な方法から喫煙やアルコールなどの不健康的な方法に至るまであらゆる手段が用いられています。
喫煙リスクによる代表的な疾患の一つであるCOPDは、一般的な医学的なデーターからも判明しています。

 

COPDとは、慢性閉塞性肺疾患の事で、酸素と二酸化炭素のガス交換が行われる肺胞の破壊や気道炎症が起きてしまい、 進行性および戻ることのない不可逆的に息切れが生じる病気です。
この病気は、呼吸器疾患の中でも命を落とす確率が高く、死亡原因の第4位を占めていて、今後10年間でさらに30%増加するとWHOでは予測している病気です。
喫煙との因果関係が深く、日本名におけるCOPDは通称「たばこ病」とも言われています。

 

たばこによる死亡危険度

 

非喫煙者と毎日喫煙者の死亡率は非常に高く、(非喫煙者を1とした場合) 咽頭がんで32.5 肺がんで4.45です。

 

タバコ=肺がんというイメージが強い方が多いと思いますが、その8倍弱の発症率があるのが咽頭がんというから驚きです。

 

特にタバコと強い酒の組み合わせは癌を促進したいのか?と思えるほどの行為と言われています。

 

又、タバコは癌の発症率だけを高めている訳でなく動脈硬化を促進します。
脳梗塞・心筋梗塞などの死亡率を高めているのもタバコの害です。

 

タバコに含まれる毒素

 

タバコには約4000種類の化学物質が含まれていますが、その内200種類以上は、発ガン物質をはじめとする有害物質です。

 

特にニコチン、タール、一酸化炭素の3つは強い有害物質として知られていますが、タールに含まれるベンツピレンなどは発がん物質として有名です。

 

タバコによる発がん率の高さは顕著で、口腔がん・咽頭がん・食道がん・肺がんのリスクを高めています。
特に女子はタバコにより子宮頸がんの発症率を高めているといわれています。

 

又、タバコを1本数ことで15-20分ほど10-20血圧が上昇します。
もともと血圧が高い人が10-20も血圧が上昇するというのは非常に危険なことです。

 

だから、高血圧症の方がタバコを吸うことは、重篤な病気を発症するリスクを手助けしている状態と変わりないので注意しなければなりません。

 

そんな有害物質を多く含むタバコは200を超える種類の病気の原因になると言われて
ど喫煙者は非喫煙者よりも多くの病気を発病するため平均して寿命が5〜8年ほど短くなります。

 

タバコによる免疫力低下による発病リスク

 

タバコを吸うことで免疫力が低下することがわかっています。

 

免疫力が低下すると、感染症やがんの発病リスクが高まります。
免疫力が低下することで、感染症にかかると重症化する傾向があります。
風邪・インフルエンザ・歯周病・中耳炎などにかかりやすくなるので注意が必要です。
又、喫煙により発がん物質を体に取り込んでいる上に免疫力が落ちるので発がん率が高まります。

 

タバコの一酸化炭素がが免疫力を低下させる

 

ヘモグロビンは酸素と結合し、全身に酸素を運ぶ役割を果たしています。
しかし、タバコによって体内に吸い込まれる一酸化炭素は、そのヘモグロビンを酸素から横取りしてしまいます。

 

何故ならヘモグロビンは酸素より一酸化炭素の方が200倍も結合しやすいからです。
よって、タバコの3大有害物質の中の一酸化炭素を体内に取り込むことで、体内は酸欠を状態になります。

 

これにより、体の末端部分に栄養や酸素が届かず、免疫に感よする細胞である、肺胞マイクロファジーの抗体生産生機能を低下させ免疫力が弱まります。
さらに、免疫を促進するタイプのリンパ球を減少させます。

 

又、免疫力を高める働きをもつビタミンCを消費します。

 

子供の受動喫煙は本当に危険

 

喫煙するパパやママに是非知って欲しいのが、子供への多大なるタバコの悪影響です。

 

・呼吸器系に何等かのトラブルをかかえている子供の症状を悪化させます。
・知能低下
・低身長
子供の健全な発育を阻害するタバコを子どもの前で吸うのはやめましょう。

 

禁煙したら強い眠気に襲われる

 

よくやめられないタバコの言い訳に禁煙挑戦中に強い眠気の襲われることが起こるからと言われることがあります。
それは禁煙を始めると当然なことではありますが、脳にニコチンが送られなくなります。
実はこれが強い眠気の原因です。

 

喫煙している人の脳は、タバコによって定期的に多量のニコチンが送られてきて、それを受け止めるためにニコチンの受容体であるアセチルコリンというもので調整作用が行われています。
これが交感神経と副交感神経に作用して興奮や覚醒、抑制と言った気分が変わる効果をもたらしているのです。

 

そのため禁煙すると脳にニコチンが送られず興奮や覚醒作用が起こりにくくなり眠気を起こしてしまうのです。
そういうときにはちょっと体を動かしたり、コーヒーなどでカフェインを取って対処するようにすると禁煙とうまく付き合えるようにできます。