チャンピックス 通販 個人輸入

禁煙と体重増加の関係

禁煙するとなぜ体重が増えるのかについては、完全には解明されていませんが、ニコチンの離脱症状であるとの説が有力です。

 

タバコをやめることで鈍くなっていた味覚や嗅覚が回復し、味覚も鋭敏になるので食べ物が美味しく感じられます。
また、胃の調子も良くなり、口さみしさも加わって食べ過ぎになる傾向があります。
味覚や嗅覚は、禁煙を始めて48時間ほどで回復が始まります。
また、ニコチンは基礎代謝亢進作用があるとされているので、禁煙により自律神経への刺激が低下すると推測されます。

 

しかし、一番の体重増加の原因は、口寂しい為に間食することです。
ストレスを解消するために、甘いお菓子や脂肪の多いスナック菓子、炭酸飲料などを取り過ぎると太りやすくなります。
禁煙による眠気で何杯もコーヒーやジュースを飲むことも同様です。
また、禁煙からの抑うつ状態により、寝てばかりいると運動不足になり体重増加の原因となります。

 

しかし、喫煙している方はなるべく早く禁煙することをお勧めします。
禁煙することで心疾患の危険性を大きく下げることができます。
たとえ体重が増えたとしても、禁煙のメリットの方が勝るのです。

電子タバコを使っての禁煙効果

電子タバコは、吸引口をくわえて吸い込むと、霧状になった液体を吸い込むことができます。
そのまま吐き出すとミストの粒子がタバコの煙のように見えるため、あたかも本当のタバコを吸っているような感覚に陥ります。

 

電子タバコで禁煙効果を得やすいのは、喫煙者でもあまり依存度が高くない方だそうです。
やはりタバコと比べて、電子タバコはニコチンの含まれていない香料を含む気体を吸うのみであるため刺激が少ない事、思っていたほど手軽ではないなどの理由で徐々に使用する機会が減っていき、最終的には全く使わなくなったという話もよく聞きます。

 

現在、日本で流通している電子タバコは数種類に及びますが、正規に流通しているのは薬事法の関係で、すべてがニコチンなどを含まない「無害」な電子タバコとなっています。
ですから「ニコチンパッチ」のようにニコチン依存症の禁断症状を緩和することはできず、イライラ感は緩和されません。

 

電子タバコはシンプルな作りなのですが、メーカーによって詳細や専用のカートリッジなどの使い分けが必要になることがあるので、毎日頻繁に使用するにはとても面倒である為、電子タバコを用いた禁煙はうまくいかないことも多いようです。

意志の力では禁煙がうまくいかない理由

禁煙は意志の力でできると思い、一生懸命頑張っても、なかなか意志の力を保持するのは大変なエネルギーを要し、持続させるのは苦痛の連続となります。
意志の力に頼るのは愚かにして無駄の多い方法です。

 

強く決意してもタバコがやめられないのは、 その人の意思が弱いだけではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
ニコチン依存症という治療が必要な病気ですので、個人の意志だけでは禁煙達成は困難なものです。
ニコチンの依存性の強さは、ヘロインやコカイン並と言われ、そう簡単に「気持ちや意志の問題」で片付くほど生易しいものではないのです。
さらに、長期間の喫煙習慣は喫煙という行為自体に習慣性を与えてしまい、禁煙を難しくしています

 

ガムやパッチなどに使用されているニコチン代替法は、少量のニコチンで徐々に体を慣らしていくため、かなり意思の強さが必要で成功率も10〜20%非常に低いことがわかっています。

 

また、薬に頼らず自分の意思だけで禁煙するという方法は、とても難しく成功率は5%以下になります。

 

そうした人々の悩みの解決するため、最近、禁煙補助薬のチャンピックス錠が、ニコチンを含まない新しい禁煙の薬として注目を集めています。
チャンピックス錠は、ニコチンを全く使用していないので、ニコチン依存症になることを防ぐことが可能だといわれています。
それは脳内でニコチンが結合できる場所が無いため、ニコチンを必要としないようになり、煙草を吸いたいという欲求を抑えることが出来るようになるからです。

 

禁煙をする際は、周囲のサポートや環境づくりも大切です。

 

禁煙セラピー

心理療法では、喫煙者がタバコを吸う理由について講義を受け討論します。

 

睡眠療法は、リクライニングシートにもたれ、リラックスした状態で、タバコが悪で毒であることや、タバコのない清々しい生活をイメージとして焼き付け
るセラピストの話に耳を傾けます。

 

禁煙セラピーとは、人に手伝ってもらう自己暗示です。

ニコチンガムの禁煙効果

最近のCMでよく流れていますニコレットガムがよく知られていますが
ニコチンガムにはニコチンそのものを体内に入れるのでタバコを吸わないことで量を徐々に減らすという禁煙治療法で使われています。

 

ニコチンパッチ(24個入り2100円)やはニコチンガム(107枚入り2700円)の少ない低容量のものはドラッグストアで購入できますし、禁煙外来などでは、ニコチンパッチと内服薬(チャンピックス)の2種類あります。どちらを選択するかにより医療費は若干異なりますが、5回の診療で約12,000円から18,000円程度です。

 

ニコチンガムは吸収率が悪く、ニコチンパットは皮膚に炎症がおこるなどのデメリットがありますが、ニコチンパッチやガムは、ニコチンが補給されたばこを吸いたい気持ちは和らぎます。

 

ただ、実際にはタバコを吸っていないので、口寂しい・酒やコーヒーなどを飲むとたばこが欲しくなる・仕事が一段落ちつくとたばこが欲しくなるなど、習慣による喫煙願望には効果がありません

 

結局禁煙していても、ニコチンガムやパッチでニコチンを体内に取り込んでしまっている事になりますので、これらのものを使い続けていくことになります。