チャンピックス 通販 個人輸入

ニコチン依存症

たばこに含まれるニコチンはとても中毒性の高い薬物で、たばこを吸うとニコチンが肺から血中に入り、すぐに脳に達します。
快感を生じさせる物質(ドパミン)が放出され快感が生じます。
しかし、ニコチンはすぐに体内で分解・排出される為、すぐに体内のニコチン濃度は低下し、さらにタバコを吸いたくなります。
これが習慣になることでニコチン依存症になります。

 

ニコチン依存症になった人が禁煙をすると、ニコチン切れ症状(禁断症状、離脱症状)が現れます。
ニコチンへの渇望・不安・イライラ・集中力の低下・頭痛・眠気・胃の不調などの症状です。
また、依存性が強い人は24時間以内に抑うつ・不眠・易刺激性・怒り・集中困難・徐脈・食欲増加または体重増加などのやっかいな離脱症状も表れます。

 

これらの症状はタバコを吸うことで消失する為、禁煙を断念せざる負えなくなります。
喫煙者のほとんどの方は「たばこを吸うと落ち着く」と言いますが、それは「たばこを吸わないと落ち着けない」という事であり、すでにニコチン依存症の症状なのです。

 

また、喫煙を開始する年齢が低いほど、ニコチン依存症になりやすいのです。
喫煙はやめようとしてもやめることのできない依存症ですから、「喫煙は病気、喫煙者は患者」と認識し、他の生活習慣病と同じように、気楽に積極的に治療をすることが大切です。

 

紙巻きタバコと葉巻の依存性の違い

葉巻は一般的な工場で大量生産されている紙巻きタバコより、強い依存性のある物質「ニコチン」の含有量がはるかに多いとされています。
また葉巻は紙巻きタバコのようにフィルターは付いていません。
従ってニコチンやタールはダイレクトに入ってきます。

 

紙巻きタバコのシートに含まれるニコチンは、昔は本物のタバコの葉のニコチンを使っていましたが、現在では、人工ニコチンがかなり使われています。
タバコの葉を使うとコストが高くなってしまいますが、人工のニコチンを使うことで、タバコ1本の原価は1円未満まで抑えられていると言われています。
紙巻タバコの種類によって、ニコチン量を微妙に調整できるのは、人工ニコチンを使っているからなのです。

 

人工ニコチンは不純物が含まれていないニコチンに比べて依存性が高く、よりニコチン依存症に陥りやすいのでは、と考えられます。
また、一般的に葉巻が「口腔喫煙」で吸われるのに対して、紙巻きタバコは「肺喫煙」で吸われることからもそう言われています。

喫煙がやめられないは病気

喫煙を好んですることを趣味・嗜好という言葉に置き換える風潮がありましたが 現在ではそれは間違いであるとされ、喫煙を好むことは病気であるという認識が必要となっています。
この病気は【たばこ病】や【ニコチン依存症】といいます。
ヘビースモーカーなどタバコをやめられないニコチン依存症は、薬物依存、アルコール依存と並ぶ、3大依存症として認知されています。

 

よって、国をあげて積極的な治療を推進するようになってきました。
ニコチン依存症の医療的見解は【再発しやすいが治療を繰り返すことで完治できる範囲の依存症】とされています。
治療により十分に完治することが可能な病気なのであとは、喫煙者がやるかやらないかという選択にかかっていると言えます。
少し前までは、ニコチンガムでの治療が主流でしたが、現在ではチャンピックス での治療が主流となっており、しかもチャンピックスは禁断症状を感じず治療ができるため、非常に禁煙成功率が高い治療薬となっています。