チャンピックス 通販 個人輸入

チャンピックスを通販で購入できるって本当?

日本の社会において、副流煙の害やニオイ等でタバコを吸う人への風当たりは徐々に強くなってきています。
税金は高くなり、タバコが吸える場所も限られるようになりました。
また、健康診断でタバコをやめるように何度もいわれ、やめたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

そのような人におすすめなのがチャンピックスという禁煙薬です。
この薬はクリニックなどの禁煙外来を利用すると処方してもらうことが出来る薬です。

 

しかし、通院が面倒に感じる人や費用が気になるという人も多くいます。
そのような人は通販を利用することで、安価にチャンピックスを入手することが出来ます。
個人輸入という形になりますが、輸入代行業者を利用することで不便なく購入することが可能です。

 

禁煙外来では、お医者さんとともに治療計画をたて、精神的なサポートも受けながら治療に取り組むので、成功しやすいというメリットがあります。
しかし、禁煙外来での治療を失敗した場合、1年以上経過しないと健康保険での再治療は受けることができないというデメリットもあります。
そこで、チャンピックスを個人輸入を利用して購入し、再治療に取り組むという方が増えています。
個人輸入での購入は、病院に通院する手間も省け、診察代などの費用も節約できるのでおすすめです。
下記に、信頼できる個人輸入代行業者をご紹介します。

 

 

≫チャンピックスの詳細はこちらから≪

 

 

ニコチンガムより今は禁煙薬チャンピックス

 

薬で行う禁煙は様々な種類のものがあります、ニコレットなどの禁煙ガムによる治療など
前から行われていましたが、以前は禁煙治療薬はニコチンガムがメインでした。
しかし、現在での禁煙治療薬と言って医者が推奨しているのはチャンピックスです。

 

禁煙はもともとイライラを我慢出来ずに諦めてしまう人が多いのですが、チャンピックスを使えば禁煙時のイライラや不安感を抑えることが可能です。
チャンピックスは服用開始から最初の一週間は喫煙しても良いことになっているので、急に煙草をやめる必要が無く長続きし易いです。

 

またこの薬は煙草を吸うことによって得られていた満足感を得られないように仕向ける働きがあるため、実際にチャンピックス服用期間中にタバコを吸うとまずくて吸うことができず、
なんでこんなものを美味しいと思っていたのか?とさえびっくりする人も多くいらっしゃいます。

 

つまりタバコを吸わなくてもニコチンが必要無い状態を作ることが可能な薬と言えるでしょう。
そんなチャンピックスを求めて禁煙外来で購入する方が増えています。

 

しかし、近くに禁煙外来がない、仕事で通院は難しいという方には、個人の利用に限ればネット通販でも購入することが可能で、医師の診断や処方箋が必要ないので、近くに病院が無い方や忙しくて病院に行く時間が無いという方でも購入できるので便利です。

 

ネット通販で購入する場合は、すべて自己責任のもと購入しないといけません。
下記のページで紹介しているショップは、取扱商品は全てメーカー正規品で安心です。

 

 

≫チャンピックスの詳細はこちらから≪

 

 

信頼できるチャンピックス通販を選ぶ方法

 

チャンピックスを扱っている個人輸入代理店は多くネット上に存在します。
その中で、信頼できる個人輸入代理店を探すうえで抑えたいポイントがあります。

 

●HP上に電話番号が記載されている。
●HP上に会社の住所が記載されている。

 

上記は基本中の基本です。

 

HP上に携帯番号しかのっていないようなら偽薬の可能性もあるのでおすすめしません。
株式会社として営業されている企業は、登記する際に携帯以外の電話番号と住所を記載しなければなりませんので住所と電話番号がHPに記載されてないこと自体信頼できないHPと思ってよいでしょう。

 

さらに、その個人輸入代理店の通販ショップが偽物でなく本物を扱っているという証明をうたっているHPが信頼できます。

 

●正規品
●成分検査済み

 

などの文言があり同時に、本物であることを証明している理由が記載されていることが重要です。

 

●正規品であるなら正規品であることを保障する正規品保障
●成分検査済みであるなら成分検査済みであるという証拠の画像や、
誰が、成分検査を行っているかの記載

 

もう一つ、見逃せない文言があります。
それは、病院関係やお医者様専用の購入ページがあることです。

 

病院関係者やお医者様は、自由診療の分を個人輸入で購入してる分もあります。
ED治療薬や美容薬などがあるのですが、まとめ買いをするので、割引率が一般客と違ったり
まとめ購入のためそれなりの手続きが必要になり一般客の購入方法と異なるためです。

 

医療関係者云々の文言があれば、医療関係者が信頼している個人輸入ですので安心して購入できる通販と言えるのです。

 

そんな信頼できる個人輸入業者を下記のページにご紹介しています。
もちろん、商品はすべてメーカー純正品です。
医師や病院からの注文も受けている信頼できる業者です。

 

 

≫チャンピックスの詳細はこちらから≪

 

 

チャンピックスでの禁煙にかかる費用

 

[チャンピックス錠を禁煙外来で処方してもらった場合の薬価]

0.5mg (0.5mg1錠):132.60円
1mg(1mg1錠):237.40円

 

禁煙外来の12週間の治療プログラムでかかる、総費用は66,000円(保険適用外の場合)です。
それが、健康保険の適用を受け処方された場合は3割負担ですので、約20,000円になります。

 

個人輸入で同じように、12週間分を購入した場合は39,800円です。
保険適用されるのでしたら、禁煙外来の方が3分の1の価格で治療できます。

 

ただ、12週間を過ぎての追加購入のチャンピックス錠は全額自腹になりますので、個人輸入で追加購入した場合3週間分で9780円〜なので個人輸入で購入した方が安くなります。

 

 

チャンピックスで禁煙失敗の原因

 

チャンピックスは禁煙をするために効果のある薬です。
ニコチン切れの症状を軽くしたり、禁煙中に一服してしまった時の満足感を感じにくくすることにより禁煙を助ける薬です。
禁煙治療は12週間が必要とされています。

 

禁煙治療は持続することが重要なので、勝手な判断で辞めてしまうことはよくありません。
チャンピックスを使った治療で禁煙を禁煙外来で失敗した時の原因はいろいろ考えられます。

 

その一つが副作用です。

 

副作用の辛さから自分で服用する量を減らしてしまい、チャンピックスの充分な効果が得られず喫煙の欲求が起きてしまうことです。
一本ぐらいいいんじゃないかという軽い気持ちが禁煙を妨げるのです。

 

喫煙者にとって禁煙はとても辛いことです。
無理をしないように進めていくことが大切です。

 

 

チャンピックスの禁煙成功率

 

世の中には禁煙を望んでいる人がたくさんいます。
しかし、ヘビースモーカーにとって禁煙するということはとても難しいことです。

 

禁煙をするために使われる薬の一つに、チャンピックスがあります。
チャンピックスは、新しい作用機序に基づいた日本で初めてのニコチンを含まない経口禁煙補助薬です。
禁煙成功率は、約65%から75%ぐらいでとても高い成功率となっています。

 

禁煙外来を受診すると処方してもらうことができるので、気になる方はぜひ一度受診されると良いでしょう。

 

しかし、チャンピックスには頭痛や吐き気と言ったような副作用が起こることもありますので、うまく使用して行かなければなりません。
禁煙を成功させるために無理のないプランを立てて進めていくことがポイントです。

 

 

チャンピックスの値段

 

チャンピックスとは、禁煙のための薬です。
具体的には、こちらを服用することにより、ニコチン切れの症状を緩和する、
禁煙中に喫煙してしまった時においしいと感じにくくする作用があり、禁煙を助ける薬です。

 

チャンピックスの値段は保険を適用した場合と、自費診療をうけた場合で大きく異なります。
まず、保険適用して12週間で5回の診療受けた場合、19040円かかります。
一方で、自費診療で12週間で5回の診療受けた場合、63530円かかります。

 

保険適用するためには、前回の診療の初回診療日から一年以上経過していることが必要です。
また、禁煙外来の治療期間は12週となっており、
こちらの期間を上回って治療される際には、保険適用を受けることができません。

 

 

チャンピックスで吐き気がするのは何故?

チャンピックスとは、禁煙外来で処方される薬です。
効用としては、ニコチン切れの症状を軽減すること、禁煙中にタバコを吸っても満足感を得られなくすることが挙げられます。

 

一方で、チャンピックスは副作用があるとされ、吐き気、不眠症、頭痛、嫌な夢などが挙げられます。
これらの副作用はタバコから得られるニコチンを得られなくなったために起こります。

 

また、これは神経細胞の受容体へのチャンピックスの結合により触発されます。
しかし、この症状は、個人差はありますが我慢できないものでない限り、
服用を続けるにつれて体が順応します。

 

また、この副作用は体にダメージを与えるものではないので、服用を止めることでその症状も収まります。
その上、この症状は一時的なものが多いため、多量の水を飲むことで軽減します。

 

 

禁煙と言えばチャンピックス

チャンピックスとは、禁煙外来で処方される薬です。
昨今、ファイザーの禁煙CMの効果もあるのでしょうか?
禁煙のためにチャンピックスを服用している人が増加しています。
チャンピックスによる禁煙治療のメリットは2つあります。
1つは、保険を適用して禁煙の治療を格安で受けることができることです。
ただし、この保険の適用の期間は12週間です。
12週間を超えてのチャンピックスの服用は全額自己負担になるのでご注意ください。

 

2つ目として、従来の禁煙の手法と異なり、チャンピックスによる禁煙を始めた途端ニコチン絶ちができるところです。
しかもチャンピックスの作用にはニコチンが切れた症状を和らげることができ、
禁煙中にタバコを吸っても満足感を得られないなどの効果が実感できます。

 

つまり、以前まで喫煙することで得られていた充足がないため、なぜ喫煙していたのかわからなくなります。
そのため、この薬は画期的なものであり、非常に効果的で成功率が高いです。
その上、飲む薬なので、手軽に始めることができ、継続することも容易にできます。

 

チャンピックスで禁煙するメリット

 

チャンピックスは病院で処方してもらうことができる禁煙のための飲み薬になります。
たばこの禁煙成功率が高い方法として今、大注目のお薬です。
禁煙外来を掲げている病院では保険を使うことができ、医師のアドバイスや一酸化炭素の濃度を測定したりして治療をおこないます。
チャンピックスは脳にあるニコチン受容体に結合して、煙草を吸ってもおいしくないと感じさせる働きがあるので、禁煙を助けることができるお薬になります。
失敗する理由は、ニコチン切れによる禁断症状が原因の場合が多いです。

 

チャンピックスを服用するとイライラや集中困難・落ち着かない・めまい・脱力感・不安を感じるなど、ニコチン切れによって引き起こるニコチン禁断症状を抑えることができるので、離脱症状などに苦しむことなく煙草が辞めやすくなります。

 

さらに、タバコの3大悪の1つであるニコチンをチャンピックスを服用することでニコチン摂取が終わるというところも健康被害を少しでも早く断ち切るという点がメリットです。
従来のニコチンガムでの治療では、タバコからのニコチン補給がガムからのニコチン補給に変わっただけで、ニコチンに関しては少量に減っているかもしれませんが、ニコチンを摂取している状況には変わりがないので、ニコチン摂取の点からもはるかにチャンピックスでの禁煙はメリットがあるでしょう。

 

 

チャンピックスとは?

 

禁煙は意思の力だけではなかなかできるものでないので、自分ひとりでチャレンジした場合には失敗する人も珍しくありせん。

 

禁煙をするために効果的な方法は禁煙外来を受診する方法です。
禁煙外来では、禁煙に効果的な薬を処方してもらうことができます。

 

チャンピックスはそのうちのひとつです。チャンピックスは禁煙をするための薬です。
チャンピック酢はバレニクリン酒石酸塩を有効成分とする薬で、ニコチン受容体と結合し、少量のドパミンを放出することでイライラ感といったニコチン切れの症状を軽くする作用があります。

 

また、ニコチンがニコチン受容体と結びつくのを阻害する作用がありますので、禁煙中にタバコを吸ってしまった場合でもおいしいと感じなくさせる効果もあります。

 

 

チャンピックスの副作用

禁煙の方法は様々な方法がありますが、努力してもなかなか成功できないという場合は、医療機関での治療も検討してみましょう。
禁煙治療ではチャンピックスという薬が使われることが多く、これはニコチンを使わずにニコチン依存の症状を軽くする効果を期待することができます。

 

そして、チャンピックスはやはり薬ですので、どんな副作用があるかは気になるところです。
チャンピックスの副作用で多いものでは胃腸障害があります。
吐き気や便秘がありますが重症化することは少ないとされています。
それから頭痛の症状が出る場合もあります。

 

そのほかの症状としては精神的な症状が出る場合もあり、イライラや不眠、不安感、気分の落ち込みが出ることもあります。
副作用には個人差もありますが、変わった症状が出た場合は早めに医師に相談しましょう。

 

チャンピックスの禁煙効果

禁煙外来で処方されているチャンピックスの禁煙効果とはどんなものかというと、喫煙者がたばこを吸うと脳の中では、ニコチン受容体という部分がニコチンを結びつき、快感を生じさせるドーパミンが放出されます。

 

禁煙を行うとこのドーパミンが放出されない為、イライラによるストレスを感じることになります。

 

チャンピックスは、ニコチン受容体と結びつくことでドーパミンを出すことができ、たばこを吸っていなくてもイライラすることなくニコチン切れの症状を軽減することができます。

 

万が一禁煙中にたばこを吸ってしまった時でも、ニコチンが受容体と結びつくことを邪魔している為、美味しいといった満足感を感じにくくし、禁煙を成功させることができます。

 

チャンピックスの飲み方

禁煙外来を受診するとチャンピックスという禁煙治療薬が処方されます。

 

この薬の飲み方は、禁煙開始予定日の1週間前から服用を始めるものですので、初めて飲む方は禁煙をする日に合わせて処方されて服用します。

 

飲み始めの1週間は喫煙をしながらチャンピックスを飲みます。
8日目からは禁煙をしますが、その前から自然と吸わなくなった場合はそのまま禁煙に入ります。
2週間後に再診をして追加で薬を処方してもらい禁煙を続けます。

 

その2週間後に再診をしまた薬を処方してもらい、その4週間後にまた受診をし追加で薬をもらい、
その4週間後に受診をして禁煙ができていればこれが最終診察となり禁煙成功となります。

 

この間に禁煙によるストレスが少ない場合は薬の量が減らされることもあります。

 

禁煙外来で処方してもらえるチャンピックスとは

チャンピックスは、禁煙外来で処方される禁煙を助ける飲み薬です。

 

ニコチンを含まず、タバコを吸った時に放出されるドーパミンを少量放出させて、ニコチンが切れた場合のイライラを抑える効果があります
少量から服用し、 通常8日目から禁煙を開始します。
12週間かけて医師のアドバイスとともに服用することで、 禁煙を成功させます。
1年以内に禁煙治療をしていないなどの条件がありますが、 2006年から保険が適応されるようになりました。

 

チャンピックスは、どの病院でも扱っている薬ではありません。
禁煙治療を行っている禁煙外来などの科がある病院で扱っています。

 

病院のホームページで確認するか、窓口に電話して、禁煙治療でチャンピックスを扱っているか問い合わせると良いでしょう。

 

禁断症状とは

タバコに含まれるニコチンには依存症があります。
ですので、タバコの禁煙を行うと多くの場合禁断症状を発症します。

 

その多くは精神的な部分に来ることが多く、一番多いのは苛々してしまう事でしょう。
煙草が無い事で心が落ち着かず手持ち無沙汰で、小さな事でもイライラしてしまうのです。
他には、頭痛が現れる方も多い様です。

 

これは初期症状で比較的早く治まりますが、酷い様なら頭痛薬を処方してもらいます。
また、仕事に伴う眠気などを煙草で紛らわせていた様な方は、禁煙と共に日中の激しい眠気に襲われる事が多い様です。

 

同じく仕事中などに煙草を吸う事で集中出来る、と言ったような活用をしていた方は禁煙すると、眠気や集中力が削がれてしまうことがあります。
そして、『禁煙は太る』とはよく言われますが、ニコチンを摂取しなくなった反動で空腹感がましてしまう人も多く見られます。

 

禁断症状は禁煙開始から2、3日がピークであり、長い人でも二ヶ月あれば解消されると言われています。
禁煙パッチを使用したり、睡眠を充分に取り、落ち着いた時間を持つ事。
空腹に感じたら飴やガムで紛らわすなど、対策も出来ます。
目標を持って少しずつ、取り組んでゆくと良いでしょう

 

タバコの禁煙が難しい理由

やめようと思っていてなかなかやめることができないのが、タバコの厄介なところですがなぜ簡単にやめることができないのかというと、その人の意志の力が弱いのではなく、
それはタバコ自体に依存性の強い物質が含まれているためです。

 

ニコチンは強い依存性のある物質であり、これが不足すると脳はニコチンを欲するようになります。
そのため、禁煙をしようと思っていても脳がニコチンを欲するため、やめようと思っていても簡単に辞めることができないということになってしまうのです。

 

このような理由があるため、禁煙というのは簡単にできるものではなく時間がかかってしまうので、意志の力に頼ってやめようとするのではなく禁煙する方法が適正であることが重要なことになるのです。

 

禁煙したいと思っていてもできない、何度も禁煙に挫折した人は、ニコチン中毒症という病気にかかっていることを意識しましょう。
中毒症なのですから、禁煙治療は病院で処方してもらえるチャンピックスがニコチンに毒されてしまった脳を助けだしてくれます。

 

 

禁煙効果のいろいろ

 

禁煙はヘビースモーカーの方にとって、とても辛いものでしょう。
禁煙に社会が動いている昨今、喫煙スペースを探したり同席者に気をつかったりと喫煙者はますます肩身が狭くなっています。

 

しかし長く煙草を吸っていたからこそ感じられるメリットもある様です

 

煙草の値段が上がり続けており、月にかかる煙草代も少ないものではありません。
1日1箱吸う方で1箱を410円だとすると、410円×30日で12300円。年間にすると約15万円を消費している事になります。

 

禁煙によってこの出費を抑える事が出来るのは、大きなメリットでしょう。
また、煙草を吸うと集中力が高まる、と誤解している方もいますが、これはニコチンの禁断症状により脳の能力が低下し、煙草によりそれが正常に戻っただけなのです。

 

つまり、喫煙者は喫煙中だけしか本来の脳の力を発揮できていないという事にもなります。
禁煙はベストな脳の状態を取り戻す事にも繋がります。

 

さらに煙草をやめる事により正常な味覚を取り戻しますので、御飯を美味しく食べられる様になるのも嬉しいものです。
また煙草の為に使う時間も1本なら数分ですが1日、1年に換算すると結構なものです。
この時間を、有意義に使う事も出来るでしょう。

 

禁煙成功のメリット

 

タバコを精神安定剤と言う人がいますが、それは毒薬を飲みながら良薬は口に苦しだね。。。
なんて訳もわからず言っているのとなんらかわりありません。

 

禁煙は精神の安定するという嘘八百を信じてタバコが手放せないという人は、喫煙すると落ち着くという自己暗示にかかっているにすぎませんし、手持ち無沙汰で喫煙するという人がいるのであれば、スマホをいじった方が幾分にも健全であり案外スマホに没頭してもてあます時間などないでしょう。

 

このことを裏付けるように禁煙に成功した人への調査から、
喫煙時より禁煙時の方が気持ちの安定しているという結果が出ています。

 

むしろ、ニコチンが切れた時に脳がニコチンを欲するために出てくる
イライラが禁煙したことでなくなり、平穏な生活を送る様になったという声の方が多いくらいです。

 

 

すぐ禁煙とは?

タバコを吸う人の中には、タバコをやめようかなと思う瞬間があることでしょうが、
そのような時にはすぐ禁煙をすることが重要です。
タバコはやめようと思ったときがまさにやめどきであるため、少しでもタバコをやめようと思った時が、
タバコをやめる為の丁度良い時期だからです。

 

タバコはやめようと思っても簡単にやめることができないため、
やめようと思ってやめるまでに時間がかかってしまいます。
それだけに、やめようと思ったときにすぐ禁煙を始めることが、最も効果的な方法になるのです。
このようなことから、ファイザー製薬のCMに使われている検索は『すぐ禁煙』とキーワードです。
まさにこの時を逃すなと言わんばかりのキーワードですね。

 

タバコをやめようと思ったときに意志の力は重要なものになりますが、それだけでは簡単にやめることができないのが、タバコの厄介な部分であるため禁煙補助剤チャンピックスなどを使って上手に禁煙を始めるようにしましょう。

 

禁煙のメリット

禁煙のメリットとしては、健康になれることとお金が貯まることが代表的です。
とくに健康面でのメリットはたいへん大きく、将来的な肺の損傷を防ぐだけでなく、
息切れやタンが絡むといった症状を抑えることができます。
家族を安心させることができる、たばこを吸わない相手と気軽に行動できるようになるなど
人間関係における利点も多いです。

 

最近ではたばこを吸わない人が多いので、多数派として信頼を得るためにも禁煙は有効です。
さらに禁煙のメリットは衣食住に及びます。
味覚が回復するので食事がより楽しめるようになります。
衣服や壁紙、車内などがたばこのヤニで汚れることがなくなり耐用年数が延びますし、
吸い殻などの掃除に煩わされることもなくなります。

 

もともと、タバコに配合されている『タール』『ニコチン』『数百の化学物質』などは体にとって毒でしかなく、
何故こんな物が嗜好品と言われるのか?と思うほど害しかもたらさないものですから、
タバコを止めることは良い理由しかないのです。
禁煙を始めたことで寿命が延びたと思っても間違いではありません。

 

 

楽に禁煙するには?

 

いざタバコをやめようと思っても、簡単にタバコをやめることができるものではありませんが、
それだけに禁煙するにはしっかりと正しい方法で禁煙をすることが大事なことになってくるのです。

 

タバコには依存性の強いニコチンが含まれているために、
やめようと思っても体がニコチンを欲しがるので簡単に辞めることができません。
そのため医師などに相談をしてタバコをやめる為の手助けをしてもらうことが重要なことになるのです。

 

ニコチンの依存性というのは非常に強いものだけに、よほどの強い強靭な精神力がある人でもなければ、
簡単にやめることはできないので、
意志の力に頼るのではなく医学の力に頼って禁煙をするのが一番効果的な方法なのです。

 

よって、現在、『楽に禁煙』できると評判なのがチャンピックスなのです。

 

禁煙からくる離脱症状と戦わないで良いチャンピックスは、
その作用により、タバコがまずいとさえ感じてしまうのです。
まずいから吸いたいと思わない、吸わなくても離脱症状に苦しまなくてすむ、
とても楽な禁煙と言えるのではないでしょうか?

 

 

禁煙を成功させる方法

 

タバコを吸っている人の中で何度も禁煙に挑戦をしたけれど、その度に失敗をしてしまったという人は多いですよね。
タバコは依存性の強いニコチンが含まれているので、いざやめようと思っても簡単にやめることが、できるものではありません。
そのため、強い意志を持ってタバコをやめようと思ったものの、数日もすればタバコを吸いたいという欲求に負けてしまって、禁煙を断念してしまうということは少なくありません。

 

しかし、これは決して意志の力が弱いためではなく、タバコにはニコチンが含まれている以上仕方のないことだと言えるのです。

 

そこで、禁煙を成功させるためにはニコチン依存を断つことであり、ニコチンを断った時に離脱症状がでなければ良いのです。
禁煙補助剤はまさに離脱症状を起こさせない唯一の薬であり、意志の力に頼らないため高い確率で禁煙に成功できるのです。

 

 

タバコやめるにはタバコの怖さを知ろう

タバコは、現代でも根強い人気を保っている嗜好品の一種で、世界中に多くの愛煙家が存在しています。
映画やドラマの名場面でもお使用されており、大人になった証として認識されていた時代もありました。
しかし、一方で多くの有害物質を含んでいるので、健康には悪影響を及ぼしてしまいます。
そこで、多くの人が禁煙にチャレンジする事になります。

 

タバコやめるには、これらの有害物質の内容を認識する事が必要です。
また、怖さを十分に知る事により、未成年者が安易に手を出すという事も防止する効果があります。
特に、危険度が高いのが発がん物質であるタールです。
深く吸い込む事により肺の奥にまで到達するので、治療が困難な腺がんを引き起こす原因となります。
特に最近になって言われるようになってきたのが、COOPという病気です。
これにより、普通の空気では呼吸ができなくなってしまうほど肺の中に空気をためることができなくなっていく病気で、高齢になってくると、寝たきりや空気ボンベを抱えて暮らすことになってしまう病気です。

 

 

これは、現在、高齢者社会の日本で深刻な問題の一つになりつつあります。
なんせ、本当は元気であるはずの人間が何十年とタバコを吸っていたことにより、肺の機能を自ら壊していたということがやっと証明されてきたのですから・・・
元気な老人として晩年を過ごすかタバコのせいで寝たきりの生活をおくるかは今のあなた次第です。

 

副流煙とは

 

タバコの煙には主流煙と副流煙があります。
喫煙者が吸い込むのが主流煙出タバコの火とともに出る煙が副流煙といいます。

 

近年は副流煙の方が主流煙より体に悪いことがわかってきました。
それは主流煙はフィルターを通すことでタールの量を故意に減らしているのに対し、副流煙は毒素そのものが煙として流れているからです。

 

喫煙している訳でもないのにタバコの害を無意識に吸っているということで、社会的な問題になっているのが副流煙なのです。

 

禁煙すると太るのか?

 

禁煙を決意する人が増えてきましたが、禁煙を検討するうえで良く聞く噂があります。
それは、禁煙すると太るというものです。

 

タバコをやめることで太る理由はありませんが、タバコをやめたことによって起こる色々な変化に伴って太ることは十分にありえます。
例えば、タバコをやめてると味覚が正常に回復することが報告されています。
このため、食べ物が美味しく感じられ、量を食べ過ぎる可能性があります。

 

また、ニコチンは食欲の減退作用があるとされており、タバコを吸わなくなったことでこの減退作用がなくなることも関係しているといわれています。

 

そのほか、胃腸が元気になり消化吸収能力が上がったり、
口さみしさからの間食などが原因としてあげることができます。

 

たばこの禁煙成功率が低い方法

たばこをやめようと禁煙をしてもなかなか成功しない方がいます。
禁煙成功率が低いのには理由があり、禁煙をしている時に起きるストレスでなかなか禁煙が成功しない方がいます。

 

禁煙時に起こるストレスは、ニコチンを摂取しないことが原因で起こります。
たばこを吸っている方は知らず知らずのうちにニコチン中毒となっています。

 

たばこを吸うという行為は、体がニコチンを求めていることから起こる為、自然と吸ってしまいます。
禁煙をするということは、体にニコチンを摂取しないということになり、ニコチンが切れてしまえばストレスとなりイライラしてしまい禁煙ができなくなってしまいます。

 

ストレスに打ち勝つことができれば、禁煙成功率も上がります。

 

たばこをやめたことによる禁断症状

 

近年は、たばこを吸う人にとっては肩身がせまい世の中になっています。
社会的に禁煙・分煙傾向が強く、多くの公共機関ではほとんどが禁煙となっていますし、レストランなどの外食店でも分煙・禁煙が進んでいます。
こういった社会や人の意識の変化に伴って、今まではヘビースモーカーだったという人たちの中でもたばこをやめる人が増えています。

 

しかしながら、たばこには強い禁断症状があり、なかなかやめることができない人もたくさんいるのが実情です。

 

禁断症状の代表的なものはイライラ感、頭痛、眠気、空腹感などがあります。
中でも多くの人が体験するものはイライラ感です。
イライラ感はニコチンがきれることによって起こるものですので、パッチなどを使用すると症状を和らげることが可能です。

 

 

禁煙中の眠気

禁煙をしたことがある方は体験したことがあるかもしれませんが、禁煙中は強い眠気が生じる場合があります。

 

この眠気はニコチン不足によって起こる症状です。
喫煙中はタバコからニコチンを摂取することにより脳が覚醒します。
そのため、タバコを吸うことでやる気が出たりします。

 

しかし、禁煙することでニコチン不足により脳が覚醒することができず眠気が生じます。
多くの方がタバコをやめられない理由がここにあります。
脳がニコチンを摂取しないと覚醒しないため、日常生活に支障をきたしてしまいます。
この症状はタバコをやめてから3ヶ月程度で、ニコチンを摂取しなくても脳が覚醒できるようになるといわれていますので、タバコをやめるためにはこの3ヶ月を乗り切る必要があります。

 

ピルを取るかタバコを取るか?今すぐ禁煙をおすすめします

 

ピルの副作用として血栓症という病気があります。
この病気はピルを飲んでいない人でも10万人あたり5人ぐらいには発症するといわれています。

 

血栓症はピルを飲むことにより3倍から5倍程度に増加する可能性があり、ピルの説明書にも血栓症のリスクは説明されています。
そしてタバコを吸う習慣がある人はこの病気になるリスクはさらに高くなるため、一日に15本以上タバコを吸う人はピルの処方が出来ないルールになっています。

 

もし喫煙習慣がありピルを内服をしようとしている人がいるとすれば、血栓症のリスクが高くなることをしっかり自覚しなければなりません。

 

血栓症は発症すれば最悪の場合には死に至ることもある恐ろしい病気です。
喫煙習慣のある人は禁煙を検討してみてはいかがでしょうか。

 

市販されている禁煙補助剤

市販されている禁煙補助剤は通院不要で購入できるため
通院することができないが禁煙を考えている方に人気の方法です。

 

それでも、今人気のチャンピックスは市販で手に入れることはできません。

 

市販で購入できるのはニコチンガムになってきます。
購入の際に薬剤師からの薬の使用方法や生活上のアドバイスを受けてから
購入するようにしましょう。

 

 

禁煙できる薬とは?

煙草は健康に悪影響を及ぼしたり、歯が茶色くなってしまったりなど身体に悪い影響を与える原因になります。
また嫌煙者とのトラブルのもととなったり、経済的にも負担がかかります。
それらを改善するためには煙草を止めるということが必要となります。
しかし、禁煙というのはストレスが溜まってイライラしてしまうなど、自力で達成するには大変な努力を要するものです。

 

しかし、わざわざそのような苦労をしなくても、比較的簡単に禁煙を成功させることが出来る方法があります。
それが補助薬を使った禁煙法です。
以前はニコチンパッチなど、ニコチンの依存症が起こす離脱症状を徐々に和らげるために、ニコチンを貼り、徐々にニコチンの摂取量を減らして禁煙に至るという方法が主流でしたが、この方法は、タバコは吸わない代わりにニコチンパッチを張り付け続けているなど、本当の意味でタバコをやめたと言えない状況をもたらす治療法でした。

 

しかし、最近では禁煙補助薬を使うとタバコを吸いたいという気持ちがなくなり自分だけで煙草を止めようとする時よりも比較的高い確率で成功することが可能で、またイライラなどのつらい離脱症状を抑えることができます。

 

 

禁煙補助薬とは?

禁煙していると、人によっては時間が経つにつれてイライラなどの症状が出てしまう場合がありますし、
無理をしすぎてしまうと体調などを崩してしまう恐れもあります。
禁煙したくても身体などに辛い症状が出てしまうと、タバコを吸いたいという気持ちを抑えることが難しくなって挫折してしまう可能性もあります。
しかし、禁煙することで起こる不快な症状はニコチン中毒でありもはや意志の力ではどうにもできない病気なのです。

 

そのため、禁煙になかなか成功しないといニコチン中毒症の方におすすめなのが、タバコをやめる薬『禁煙補助薬』です。
禁煙補助薬は禁煙した際に出てしまう辛い症状などを軽くする効果が期待できますし、
症状を軽くすることによって徐々にタバコを吸いたいと思わなくなるのです。

 

そして、禁煙治療薬の最大の特徴がニコチンは配合されてないことです。
禁煙補助剤での禁煙を始めた日からニコチン絶ちができるのに、離脱症状が起こらないというのが最大のメリットであり特徴なのです。
そのため、重度のニコチン中毒者でも禁煙補助薬を使いながら禁煙することで無理なく成功に導くことができます。

 

 

ファイザー製薬がすすめる禁煙とは?

禁煙治療薬といえば、従来のニコチンパッチやニコチンガムを思い浮かべますが、最近画期的な新しい治療薬が開発されました。
ファイザー製薬が販売しているチャンピックスという治療薬は、従来の少量のニコチンを口や皮膚から入れることによって禁煙を促す方法とは異なり、薬に入っているニコチンに似た物質がニコチン切れを抑制し、たばこを吸ってもおいしいと感じないので満足感が得られないという効果があります。

 

医師の処方なしでは購入することができませんが、喫煙しながら1週間治療薬を飲み始め、8日目から禁煙します。
自然にたばこを吸いたくなくなった場合はその時点からたばこをやめます。
医師の指示に従い合計で12週間服用します。

 

今、CMの最後で流れている『今すぐ禁煙』で検索というあのフレーズは、ファイザー製薬のチャンピックスのCMになるのです。

 

 

禁煙治療薬

 

タバコの害は、誰もが知っている有名な事実です。
しかし、それをわかりながらも止めることが困難なのがタバコが含むニコチンがもたらす依存性の恐い部分です。
最近は、禁煙外来も創設され国をあげて禁煙に取り組んでいます。
そこで、使用される禁煙治療薬とはニコチン中毒を緩和させるものです。
種類も多くあり、また禁煙外来では健康保険が適用されます。
中でも、特に人気があるのがチャンピックスです。

 

禁煙すると、誰もが感じるのがニコチンが体内から少なくなりイライラすることです。
これを、ニコチンの代用としてチャンピックスを服用することで、離脱症状を感じることなく禁煙できるのがチャンピックスの効果です。
効果はありますが、人により副作用がでることあります。
そのために、医師の指導の下で服用をすることが大切です。
そして、禁煙を成功させるいは自分のためでなく家族のために止めると決意することです。

 

 

タバコやめる方法

タバコは、多くの人が利用している嗜好品ですが、健康に悪影響を及ぼす様々な有害物質を含んでいます。
また、煙からタールや一酸化炭素が生産されるので、周囲にも迷惑をかけてしまいます。
このために、かなりの割合で禁煙に取り組む事になります。
しかしタバコにはニコチンという中毒性の高い物質が含まれているので、禁煙に成功するのは非常に困難です。
つまり、タバコをやめられない人はニコチン依存症になっていると認識する必要があります。
そこで、現在ではニコチンの中毒性を利用したタバコやめる方法が考案されています。
これは、ニコチンを補給しながら他の有害物質を遠ざけるという内容であり、
中毒症状に見舞われる事なく禁煙に成功する事が出来ます。
ガムやパッチ等、種類は多様であり、好みに合わせて選択する事が出来ます。

 

さらに、ニコチンを摂取することなく、しかも離脱症状に苦しむことなく、
自然とタバコを必要としなくなる禁煙治療薬も登場しました。
他に電子タバコ、もぐさタバコ、禁煙本など、様々な方法がありますが、
一番離脱症状を感じなく禁煙に成功できるのはチャンピックスとされています。

 

 

禁煙治療薬の種類

禁煙外来で行われている禁煙治療の方法には、
チャンピックスやニコチンパッチを言う禁煙治療薬があります。

 

多くの方が知っているニコチンパッチは、ニコチンが含まれている薬物貯蔵槽の周りを
マトリックス層と呼ばれるそうで包み、支持体と粘着槽で挟んだ構造になっている貼り薬です。
マトリックス層からニコチンが一定量ずつ出ているので安定した血中濃度が保たれるようになっています。

 

チャンピックスは、禁煙を開始する1週間前から服用する薬で、
たばこを吸うことによって快感を生じるドーパミンが出ますが、
このドーパミンを放出させてイライラなどのニコチン切れ症状を軽くする薬です。

 

禁煙時のはイライラによるストレスがつきものですので、
このような禁煙治療薬を利用して禁煙を行うと良いです。

 

タバコをやめることができる薬をご存知ですか?

 

タバコを止めるためには煙草を購入しない事、吸いたくなっても我慢する事など、
過酷な試練を隔てなければやめることが出来ないものです。

 

しかし、タバコを吸っていた人にとって、このようなことを実行するためには強い意志が必要となりますし、
意志が弱い人は何度禁煙をしてもやめることが出来ないのが現状と言えます。

 

最近は病院に禁煙外来などと呼ばれている診療科を持つ施設が多くなっていますが、
禁煙外来ではタバコをやめる薬が処方されるのが特徴です。
このためる薬と言うのは、ニコチン切れの症状でもある禁断症状と言うものを軽減してくれる薬なのです。

 

吸いたくなくと何も手が付かなくなるのが禁断症状であり、
この症状を抑えてくれるのがやめる薬でもあるのです。

 

禁煙するには意志の力は必要か?

 

ニコチン依存症という病気にかかっている場合には、
禁煙の努力をしても自分の意思に反する行動を取ってしまいます。

 

ニコチン依存症の人が禁煙するには、意思だけで成功することは困難であるため、
禁煙外来を受診することが必要です。
タバコを吸ってはいけないと分かっていても、
体がニコチンを求めてしまうのがニコチン依存症の厄介な問題です。

 

禁煙外来では、ニコチンガムなどを処方して、
徐々にニコチンへの依存度を低下させていく治療法を用います。

 

急激にニコチンの摂取を抑えてしまうと、強烈な禁断症状に見舞われることになりますが、
ニコチンガムを使いながら、漸進的にニコチンの摂取量を減らして体を少しずつ慣らしていけば、
最終的には禁煙に成功できます。

 

 

電子タバコによる禁煙する方法

 

禁煙する方法はいくつもあり、その中の1つが電子タバコです。
電子タバコを利用して禁煙する方は多く、
独自で禁煙をする方よりも成功している方がたくさんいます。

 

電子タバコを利用しての禁煙が成功する理由としては道具にあり、
本体から出る煙が水蒸気となっていますが、タバコと変わらない感覚で吸うことができることにあります。
味も種類が豊富なリキッドがあり、タバコ本来の味のものからフルーツや
飲料などの味もあるのでその日の気分に合わせて利用することができます。

 

ニコチン入りのリキッドもあるので利用することにより、
禁煙時の起こるストレスを感じることなく徐々にニコチンを減らしながら禁煙をすることができます。
コンパクトサイズですので持ち運びできるのも、禁煙への近道となります。

 

数多くあるタバコの禁煙方法

禁煙をし始めた段階は、ニコチンへの依存による離脱症状が現れます。
タバコを吸わないとイライラしてしまったり、落ち着かなくなるなど精神的負担が強くなってしまいます。
急に禁煙を始めると、精神的にも身体的にも負担になってしまいます。
自分に合う禁煙方法を見つけることが大切です。

 

病院ではタバコをやめたくてもやめられない方の為の専門外来も用意されていて、
ニコチンを皮膚から吸収するタイプのシールを処方してもらう事ができます。

 

電子タバコなども種類によってはニコチンが含まれているタイプもあるので、
煙からフェードアウトをし徐々にやめていくことができます。
一週間を過ぎた頃から依存症状は軽くなってくるので、成功率が高くなっています。

 

ニコレットとは?

 

禁煙補助剤をして利用されているニコレットは、禁煙を考えたことがある方にはなじみのある商品と言えます。
使用方法はとても簡単で、タバコを吸いたくなったらニコレットガムを噛むだけとなっています。
ただ噛むのではなく噛むコツがあり、ゆっくり噛むことが大事となります。

 

少量のニコチンを含んでいるガムの為、口腔粘膜からニコチンを吸収する時間が必要となり、
普通のガムと同じように使用すると効果が薄れてしまいます。
ほかにもほほと歯茎の間に1分ほど置いておく必要もあるので慣れるまでには面倒に感じてしまいますが、
近所のドラッグストアなどで取り扱っているので手軽に利用することができます。

 

値段はガムの個数によって違いはあり、一番少ない12個入りで1200円、一番多い96個入りで7600円となっているので選んで買うことができます。
ただし、禁煙用のガムは薬の成分を含んでいるのでニコレットにも副作用がありますので
使用の際はご注意ください。

 

 

ニコレットの副作用

禁煙は苦しいものですが、禁煙をサポートしてくれるグッズを上手に利用することができれば、禁断症状などをコントロールすることが可能ですので、強い味方になります。

 

ニコレットもそのうちのひとつで、禁煙をサポートするための医療用のガムです。
ニコレットには、のどへの刺激感やひりひり感、痛み、吐き気、胸焼け、頭痛、めまい、動悸、眠気などの副作用が報告されています。

 

また、1日の最大使用量が定められておりますので、過剰に使用しないようにしてください。
なお、持病をお持ちの方は、あらかじめ主治医などに相談して使用するようにしてください。

 

また、ニコレットには使用してよい期間が定められておりますので、その期間を超えて使用しないようにご注意ください。

 

タバコが吸いたくなったら。。の対処法

禁煙中にタバコ 吸いたくなったらどのようにすれば良いかということは、多くの喫煙者にとって悩ましいテーマの一つとしてみなされています。
現在のところ、喫煙者に対する世間からの風当たりが強くなっていることもあり、真剣に禁煙に挑戦をしようとする人が急増しています。

 

そうした中、電子タバコなどの有害成分が含まれていないグッズを活用することにより、ストレスを溜めずに禁煙を目指すことができるといわれています。

 

タバコの悪影響については、テレビ番組や雑誌などを通じて紹介されることがありますが、何よりも身体の健康を改善するためにも、禁煙治療の方法について、日常生活の中で知識を身に着けることが重要な課題として挙げられます。

 

さまざまな禁煙に成功できるグッズ

 

タバコに含まれているニコチンには中毒性があるため、意志が強くてもなかなか自力では禁煙を成功するのは難しいものです。
何度も禁煙を試したが、失敗したという人は、補助的に禁煙グッズを使ってみると良いでしょう。

 

禁煙をサポートするグッズはさまざまありますが、手軽に使えるのが「電子タバコ」です。
実際のタバコに似せて作られていますが、タールや一酸化炭素は発生せず、煙は香りの付いた水蒸気です。
タバコを口にできない口寂しさを補うことが出来ます。

 

また、喫煙前にたばこのフィルターにしみこませることでニコチンやタールを封じ込める効果のある「ニコブロック」も効果的です。
ニコブロックを使用する量により、ニコチンやタールの摂取量をコントロールすることが出来ます。
自分のペースで禁煙を行うことができるので、成功率も高く、ニコチン不足による禁断症状を軽減することが出来ます。

 

他にも様々なグッズがありますので、自分に合うものを見つけ、無理なく禁煙を成功させたいですね。

 

 

禁煙外来でチャンピックスを購入するデメリット

チャンピックスで禁煙するには禁煙外来で処方してもらう方法個人輸入で購入する方法があります。

 

チャンピックスの価格に関しては、保険適用された場合、禁煙外来での処方が圧倒的に安いです。

 

しかし、時間的な手間を考えると果して通院し続けることができるでしょうか?

 

それは、禁煙外来が近所にあるかどうか?でまず異なってきます。
チャンピックスは禁煙外来を設けている病院でしか処方してもらえません。
風邪などでお世話になるかかりつけの近所の小さな個人病院で禁煙外来を行っているところは
なかなかありません。

 

主に総合病院に通院することになります。
総合病院は本当に待たされます。
予約しても待たされます。

 

禁煙外来は12週間にわたる治療が行われ、5回の通院が義務づけられます。
そうなった場合、通院する時間的な手間がかかってきます。

 

そんな状況の中、サラリーマンがOLが子持ちの主婦が通院することは難しいかもしれません。

 

時間を拘束されるというのはデメリットであるとともにチャンピックス成功の足かせにもなるのです。
実際に、チャンピックスで失敗している20%は失敗の理由を通院困難をしています。

 

 

禁煙は病院で治療しよう

病院での禁煙治療は効果が高いことで知られています。
自己流の取り組みとは違い、医学的根拠に基づいて指導してくれるので続けやすいです。
禁煙には固い意志が必要ですが、病院でたばこによる肺の損傷の写真を見たり、医師から症例を聞いたりすることでたばこの害が実感でき、しっかり辞めようという気になれます。

 

内科で治療を受けることが可能で、とくに「禁煙外来」と銘打っているところであれば生活指導も含めてより専門的な治療ができます。
治療薬には飲み薬や貼り薬があります。
貼り薬はニコチンパッチと呼ばれるもので、薬局でも扱っていますが、現在医者がメインとしている治療薬はチャンピックスという禁煙治療薬です。

 

飲み薬は副作用などもともないますので市販しておらず病院での処方になり、
しかも禁煙外来にて、問診など診察を通して、禁煙治療が必要とされる人にしか処方されません。
しかし、その効果は脳の受容体に働きかける効果があり、
喫煙欲求自体を減らしていくため非常に禁煙成功率が高い薬として人気があります。

 

 

禁煙外来での流れ

禁煙を考えている方の中で、禁煙外来を利用した方や利用している方もいます。
禁煙外来での治療の流れとしては、初診時に問診を行い治療法の説明やニコチン依存度、
喫煙の状況や禁煙に対する関心度などを確認します。

 

呼気中の一酸化炭素濃度の測定や禁煙開始日の決定をし、
誓約書にサインをして次回の診察日を決め、治療の為の禁煙補助剤となる
チャンピックスという飲み薬を処方してもらいます。
この薬は禁煙を始める1週間前から服用するものですので、禁煙開始日が遅い場合は処方も遅くなります。

 

その後は再診日に受診をし、喫煙の状況の問診を受け呼気の測定を行い薬を追加処方します。
この受診を2周目4週目8週目と続けていき、12週目の再診が最終回となり治療が終了となります。

 

禁煙外来は保険が適用されるのか?

禁煙外来において、保険が適用されるかどうかについては、各自の疾患の有無や治療の目的などによって、
事情が大きく違ってくるため、まずはかかりつけの医師にアドバイスを求めることが重要です。

 

禁煙外来で保険を使った治療を行うことにより、月々の費用の負担を出来る限り抑えることができるため、
積極的に治療を進めたい場合にももってこいとされます。

 

禁煙外来の保険適用に関する問題は、様々なメディアで報じられることがあり、
多少なりとも関心を持っている場合には、様々なツールを活用することが望まれます。

 

禁煙の方法を考えるうえでは、医師などの専門的な知識や経験を有する専門かに支持を受けることが
何よりも有効なこととして挙げられます。

 

禁煙治療はどこで受けられるのか?

禁煙は一人で行うのはなかなか難しいものです。
病院での禁煙治療を受けたい場合、どこの病院でも行っているわけではないので、
インターネットで「禁煙外来」と検索するか、病院に問い合わせをして禁煙治療が出来るかどうかを
確認する必要があります。

 

禁煙外来では禁煙補助薬を処方してもらえることと、医師によるアドバイスが受けられることで、
自分の力だけで禁煙しようとするのに比べて大幅に成功率が高くなることがメリットです。

 

禁煙治療の診察代は喫煙状況によって健康保険などの適用が可能な場合があり、
少ない負担で治療出来ることがあります。
この保険適用が可能かどうかは、初回の診察時にチェックしてもらえます。
病院によっては、受診の前に電話予約が必要な所もありますので
ネットなどで情報を調べる時に確認しておきましょう。
中には、18時以降の診察を行っている病院もあるので、仕事をしながらの通院に便利です。

 

 

禁煙外来での保険適用について

禁煙外来は、全国各地の医療機関に併設されることが増えてきており、
禁煙の悩みを抱えている人にとっては、頼もしい存在としてみなされています。

 

禁煙外来での治療は、多くの場合に健康保険制度を使うことができないため、
自費診療となることを理解することが求められます。
ただし、すでに肺疾患や気管支疾患などを抱えている場合には、禁煙外来保険適用が行われることがあり、詳しくは医療機関の相談員や医師などに相談をすることが良いとされます。

 

禁煙外来に通院をする方法に関しては、ウェブサイトや雑誌などでもたびたび取り上げられることがあるため、効率よく禁煙を成功させたい場合には、まずは適切な情報源を日常的にチェックすることが重要です。

 

 

 

禁煙外来で禁煙に失敗するのは何故?

喫煙は、百害あって一利なしと言われます。
健康的にも経済的にも、禁煙を成功させたいと考えるのは、自然なことでしょう。

 

最近では、禁煙外来を掲げるクリニックも増えてきました。
市販されているグッズを利用し、自分なりに努力を繰り返したものの禁煙に失敗したという方にお勧めなのも禁煙外来です。

 

喫煙という行為には、依存性が高く、なかなか抜けられません。
ただ、性格的な要因もあり、外来でカウンセリングを受けることによって無理なく禁煙に取り組めたとケースも少なくありません。
それでも禁煙に失敗されるのは、担当医師との信頼関係が築けなかったり、自分を律するのが難しいからだとされています。

 

また、即効性を求めすぎるという理由も有るでしょう。
喫煙に限らず、依存症を克服するには時間が必要だからです。

 

 

禁煙外来で保険適用される条件

タバコを辞めたい人の為に作られた専門外来の科目である禁煙外来は、以前までは禁煙の為にかかる費用は健康保険対象外であった為に患者が全額を自己負担でしたが、2006年4月1日からある一定の基準をみたすことで、保険が適用されることになりました。

 

禁煙治療を実施している医療機関や対象者を限定として「禁煙治療実施医療機関の敷地内が禁煙であること」、患者側としては、ニコチン依存症の診断として「基準以上喫煙歴(1日の喫煙本数×喫煙年数の数値が200以上)であること」前回の治療の診察初日から1年経過していること一か月以内に禁煙を始めたいと思っていることなどの条件が満たされることで保険が適用になります。

 

保険適用で処方される薬はチャンピックスの他、医療用のニコチンパッチやニコチンガムなども対象となります。また、禁煙の専門外来だけでなく、禁煙治療を行っている内科や耳鼻咽喉科や眼科等に関しても保険が適用されます。

 

 

タバコに含まれるニコチン量のトリック

現在の日本のタバコ製品では、「ピース」の、タール28mg、ニコチン2.3mgから、
「マイルドセブン・ワン」の、タール1mg、ニコチン0.1mgの範囲で販売されています。

 

タバコのパッケージに表示されている「ニコチン〜mg」「タール〜mg」は、
タバコ一本に含まれているニコチン・タールの量だと思っていませんか?
低タール、低ニコチンの軽いタバコならどんな吸い方をしても安心だというわけではありません。

 

表示されている量は、決められた吸い方をして測定されたもの(標準的国際人工喫煙条件)です。
この標準的国際人工喫煙条件は以下のようになっています。

 

吸煙容量 : 1服について35ml
 吸煙時間 : 1服について2秒間
 吸煙頻度 : 60秒間に1服

 

この条件の吸い方をするとタバコのパッケージの量のニコチンを摂取するということになります。
しかし、ふかす回数が多かったり、より強くふかしたり、より短くなるまで吸ったりする場合では、
表示されているニコチンより多く摂取することになるのです。

 

 

ニコチン依存症とは?

ニコチン依存症とは、タバコに含まれているニコチンが大脳の快楽中枢に作用することで引き起こります。
ドーパミンが放出されることによって、脳が快感を感じてしまうために何度も吸いたくなってしまいます。
これがニコチン依存症のメカニズムです。

 

ニコチンを摂取することをやめると、精神的にイライラしたり落ち着きが無くなってしまいます。
その状態を離脱症状と言い、禁煙を始めた人が挫折してしまう原因です。

 

脳内のアセチルコリン受容体と呼ばれるニコチンと結合することによって快楽を感じる受容体は、
ニコチンが体内から抜けて、ニコチンの無い生活に慣れるまで一週間から二週間必要になります。
その期間タバコを我慢できれば禁煙成功に最も近づいています。